海外旅行に行く前に保険の準備をしておこう!

海外旅行保険についての補償内容と見直し・加入のコツについてのまとめ

他にもこんな補償が!自分にどんな補償が必要かを考えよう

この記事をシェアする

個人賠償責任・携行品損害を備えよう

〇個人賠償責任補償とは・・
万が一他人の物を壊してしまった、他人にケガをさせてしまった場合に備えられる補償です。
個人的には、お子様のいらっしゃる旅行ではこの補償は必要かと思います。
ご家族の方も使っていただけるので、お子様が誤ってお店の商品を壊してしまった、なども補償範囲となります。
もちろん大人の場合でも、他人様に迷惑をかけてしまった時の補償なので、常識的にもぜひ備えていた方がいいかと思います。

〇携行品損害補償とは・・
こちらは、万が一身の回りの物が壊れてしまった、盗まれてしまったなどに備える補償です。
この補償で私が一番に想像したのがスマートフォンです。
最近のスマホは結構高いので、落として故障・・結構痛いですよね。他にもカメラなども実例が多いのではないでしょうか。
日本人はひったくり犯に狙われやすいっていいますし、こちらもぜひ備えていた方がいいでしょう。

その他にこんな補償があります!

上記でおすすめした二つの補償以外にも、色々なリスクに備えられる保険があります。

〇救援者費用
万が一の際、家族が急遽現地にかけつける際の費用。
交通費やホテル代など。
〇緊急歯科治療
旅先で突然歯が痛くなり、歯科医院で治療を受けた場合。
〇寄託手荷遅延
飛行機に搭乗する際に預けた手荷物が到着せずに、日用品の購入などで追加の出費があった場合。
〇航空機遅延
飛行機の遅延や欠航などで発生した出費。
宿泊費や食事代、交通費など。
〇弁護士費用
旅行中に何らかの事故で被害を受け、損害賠償責任を行った場合の弁護士費用など。

上記以外の補償を取り扱っている保険会社もあります。
また、事故や病気などのトラブルが起きた際に電話相談が出来たり、医師や病院を紹介してくれるなどのサービスを行っている保険会社も多くございます。